活動報告-Activity










実績報告

不燃化特区に大谷口地区を指定!

今期、東京都が指定をする「木密地域不燃化10年プロジェクト先行実施地区」に皆様にお約束した通り大谷口地区として指定を受けました。
板橋区は、他区との競争に自信がない様子で、当初エントリーに消極的でありましたが半ば無理やり手を挙げさせました。
最終的には、西川特別区長会会長(荒川区長)の取りまとめで、板橋区も採用と相成りました。

サービス付高齢者住宅と子ども施設の整備

平成24年4月の介護保険法改正で、大きな注目を集める新設サービスである「24時間地域巡回型訪問サービス」制度と平成23年10月20日施行の「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づきこの度、創設された厚生労働省・国土交通省の共管する「サービス付高齢者向け住宅」をミックスさせ、更に板橋区の課題である未就学児対策としての保育施設の複合で課題を軽減させる為に提言して参りました施設整備が、向原地区に整備されました。
この施設をさらに有効活用する為に国の「子ども・子育て関連3法」に基づき“新たな子ども園の板橋モデル”の構築に取り組んでまいります。引き続き「自民党子ども・子育て適正化プロジェクト座長」として、成果を上げる様、努力する決意です。

コンパクトシティーの構築

ノーマライゼーションの理念に則ったまちづくりとして安全・安心な魅力あるコンパクトシティーづくりを推進しています。
そこで、昨年は、下赤塚〜新高島平駅を結ぶコミュニティーバス路線をお約束通りに開設しました。
次は、大谷口・向原地区の交通問題に引き続き取り組んでまいります。
私案は、LRT(低床路面電車)の導入です。小竹向原〜板橋区役所線の実現の為に地域の盛り上げにご協力の程をよろしくお願い申し上げます。

日大板橋病院にスーパー周産期医療センターを整備

スーパー総合周産期センターは母体救命に対応する総合周産期母子医療センターです。
このシステムに該当する症例は、スーパー母体救命症例として扱われ、消防庁で管理され、一刻も早い患者対応が必要なときに対応し産科では、当直帯でもオンコール含め6名の医師で対応しています。緊急の産科対応では、基本的に受け入れを断ることは無いようになりました。

▲pagetop